暮らしとくらして〜③リビング学習と勉強コーナー

こんにちは!

我が家は、花粉症&受験シーズン真っ只中の今日この頃です。

そんな私のくらしてみて思うことを今日もお伝えしたいと思います。

 

お客様と住宅プランのご相談をしていると、特に子育て世代の方からリビング学習や、

LDKの一角に宿題などのための勉強コーナーを設けたいとのお話しを受けることがよくあります。

小さいうちは、目の届くところで宿題を見てあげたり、いつでも勉強が始められて解らないことがあればすぐに教えたあげられる。

そんなスペースがあったらいいですよね。

ネットでは「東大生の半数はリビング学習していた」なんて情報もあったりして、教育改革が話題の昨今では気になってしまいますよね。

 

ここで経験談や見聞きしたことをお伝えしたいと思います。

我が家の場合、どこでも学習OKにしていたため、主にダイニングテーブルで勉強していました。

近くに辞書などを入れられる本棚を用意して必要な勉強道具を持ってくるようにしていたのですが・・・

子供の勉強道具を含む私物で散らかりがちに。定期的に声掛けしてやっと片付くような感じです。

でも、あえてここは勉強のスペース!という決まりをつくらなくても本棚などがあれば対応できることは実証できました。

また、ある親類のお宅にお邪魔した時には、明らかに勉強スペースとして設けたテーブルがこれまた明らかに物置化していたり・・・(T_T)

しかしまたあるOB様のお宅に訪問した時には、奥様のメイクスペースとして造りつけたカウンターテーブルで、

毎日お子さんが宿題をするようになったというお話も!

<正面奥がメイクコーナーから宿題コーナーへ>

 

<ダイニングテーブルでお仕事や学習もできるように書類用収納とキッチンカウンター下にプリンター収納スペースを設けました>

 

私たち提案する側としても、今後の学習にパソコン・ネット環境が欠かせないことや、在宅勤務の普及、家族の成長など、

ご家族みんなの多様なライフスタイルや時代の変化に合わせられる提案をしていくべきだと考えています。

特にリビング学習推進派。というわけでもないのですが、

家づくりにはお客様それぞれのこだわりを実現させながら柔軟な考え方をご提案することで、

より快適に、長く使っていただける住まいづくりをお手伝いしたいと思います。