コンセプト

TOYO KITCHENのステンレスとナラの床。アクセントの黒色の壁天井。温かみもある、洗練された大人なイメージのモデルハウス。

完成写真

リビング。ナチュラルながらも可愛くなりすぎないように…
見事な存在感のTOYO KITCHEN。黒のパネルとシャンデリアが高級感を演出!
玄関とつながる和室。突然の来客でもそのままお話できる。
納戸の一部を書斎としても使えるようにしました!
寝室と子供部屋を1室に。将来仕切れますよ。
お絵かきできる玄関の壁紙。季節や気分で変えてみる!?
ALL造作TV台。背面はエコカラットで調湿&消臭!
洗面脱衣室は、キッチンのすぐ横。家事導線GOOD!
UB。アクセントパネルは落ち着いたブラウンに。
夜はムーディーに迎えてくれます。
大き目な車も楽々駐車。最大3台とめられます!

プロフィール

  • 敷地面積:
  • 延床面積:
  • 間取り:

お客様の声

「モデルハウスを造ろう!」と社長に提案され、「TOYO KITCHENのキッチンを置きたい。」という社長の希望から間取りづくりが始まりました。

高級キッチンの代名詞でもあるTOYO KITCHENを置くなら、それを主役にしてあげようと思った。

昔は近所の人が遊びにきたら玄関先に座って話をしていたなぁ…靴を脱がずとも気軽に世間話ができる場所があればいいのになぁ…から思いついた、玄関の土間と和室をくっつけた間取り。

このふたつがうまく調和し、玄関開けたら主役のキッチンが目に入る間取りが完成!

さらに、ステンレスの高級感と存在感を出すためにキッチンまわりは黒いインテリアに。

オトコっぽい無機質感の中に、床の木目の優しさやシャンデリアの美しさがちょうどよく感じられる。

 

お客様と打合せをしていると、よくある

「書斎がほしい」ご主人の妥協。家族で話し合っていくと結果、収納になってしまうんです。

じゃあ、どっちでも使えるように半分ずつにしたら家族も説得できるんじゃないか?と思い、造った書斎兼収納。

 

このお家は、少し生活に余裕のある共働きのご家族をイメージして造りました。

家は奥様が守り、使うもの ではなく家族で守り、使うもの。

ご主人が立って料理していてもかっこいい、そんな家になりました。